精進!!が、気づいたこと。

大学生の日記です。Twitter(@C8eN5)もよろしこ

<a href=https://twitter.com/c8en5>精進!!</a>が成り上がりをもくろむ

精進!!
成り上がりを目論みもがく日記

やっぱり飲み会に行きたい!

 

散々種銭を作るための飲み会我慢などを謳っているがやはり、友達との飲み会は行きたい。

 

 

 

 

だが飲み会に行ってこのままの生活を続けていっても今までとおんなじ様にお金がたまらないままの人生を送ってしまいそうだ。だからしぶしぶ断る。「なぜここまで種銭にこだわるんだ」「種銭で何をするつもりなんだ」こういう批判が来るだろう。自分でも何をするのかは決めていない。

だが、30万円貯まった今1つだけ言えることがある。心の余裕が違うのだ。

 

 

 

僕の家庭は親がビジネスに失敗したせいでとっても貧乏で父親は60手前の今、昼も夜もバイトに明け暮れる生活を送っている。全然そんな人生は尊敬できないが、家族のために60を手前にして昼夜肉体労働を強いられそれをやりきる父には何か凄いという気持ちを抱く。

こんな家庭状況で育つと色々な出費に怯えて暮らすことになる。自転車や自動車は小さいメンテナンスを繰り返していかないと突然ボン!と故障をする。きっと物事は大小はあれ、この様にできているのだと思う。結局貧乏は貧乏ほど金がかかるのだ。わかっていても目先の出費が怖くて後回しになるのだ。

 

 

 

 

 

お金がない状態とは、単にお金がないだけではなく、大きな出費ができないということだ。有事の際に対する怯え具合が全然違う。心の余裕だ。その気持ちを知っているからこそ僕は種銭にこだわる。使わずとも種を作る。